ダイエットで薄毛になる危険が!ハゲない痩せ方を徹底分析

IGF-1を増やして薄毛を解消!ダイエットにも効果が!?

 

無理なダイエットをすると、極端な食生活が原因で薄毛のリスクがあります。

 

 

しかし、食生活以外にも原因はたくさんあって、いろんな要素が

 

複雑に関係して総合的な結果として薄毛になることもあります。

 

 

 

 

薄毛治療には食生活の他、ストレスや睡眠、運動、喫煙、頭皮の状態や

 

刺激など様々な方法で改善することからも、特定の原因だけを

 

取り除いても薄毛は治らないかもしれません。

 

 

 

逆に髪の毛の健康にいいことも様々あります。

 

その中で、「IGF-1」を増やして薄毛を改善できることがわかっています。

 

 

この方法はいろんな状態の薄毛にも効果が確認されていて、

 

聞きなれない名前とは裏腹にとても身近なものでできるので

 

手軽で簡単です。

 

 

 

またこの育毛方法自体がダイエットにもなり、見逃せません!

 

 

 

IGF-1とはなんだ?

 

IGF-1(インスリン様成長因子-1)は、血流を促進して毛髪の成長と

 

その状態の維持に欠かせない物質です。

 

 

 

IGF-1は思春期に多く分泌され、成長ホルモンのみが

 

増やすことができると言われてきました。

 

 

成長ホルモンは成人になってからも分泌はされますが、加齢と共に

 

減少してきてIGF-1を大人になってからも増やすのは無理だと考え

 

られてきました。

 

 

 

しかし、近年の研究で知覚神経を刺激することでIFG-1の

 

分泌が増えることが分かってきました。

 

 

そうして知覚神経を刺激することでIFG-1が増えて、血管が開き

 

血流が良くなって髪に栄養が行き届き、薄毛を解消するという仕組みです。

 

 

 

IGF-1を増やす方法はカプサイシンとイソフラボン

 

知覚神経は体の色んな所に存在していて、

 

熱や痛みを感知する神経です。

 

 

この神経は皮膚などの体の表面だけでなく、

 

内臓などにも繋がっています。

 

 

ではどのようにして、知覚神経を刺激すればよいのでしょう?

 

 

 

トウガラシは知覚神経を刺激する最たるものです。

 

 

トウガラシの中に含まれるカプサイシンと、さらに

 

カプサイシンの働きを助ける大豆に含まれるイソフラボン

 

組み合わせる方法が、より効率的にIFG-1を増やします。

 

 

 

トウガラシを食べると知覚神経が刺激されます。

 

その際に神経の末端からカルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)

 

という物質が出ます。

 

このCGRPが細胞のIGF-1を増加させます。

 

 

そして、イソフラボンは知覚神経の中にある

 

CGPRを増加させる効果があります。

 

 

ですので、カプサイシンとイソフラボンを一緒に食べると効率よく

 

IGF-1増やすことができるのです。

 

 

 

ダイエットの側面から見ても、カプサイシンは褐色脂肪細胞を活性化させ、

 

食べている時のエネルギー代謝を向上させ脂肪を燃やす働きがあります。

 

 

イソフラボンも大豆製品に含まれているので、大豆から摂取できるたんぱく質が

 

筋肉を作り基礎代謝を上げ、ダイエットで不足しがちな栄養を補給してくれます。

 

 

 

IGF-1を増やす薄毛改善はダイエットの立場からみても

 

好ましい方法なんですね!