ダイエットで薄毛になる危険が!ハゲない痩せ方を徹底分析

IGF-1は薄毛解消だけじゃなく、老化防止と健康維持にも効く!

 

知覚神経を刺激することで増えるIGF-1は、アミノ酸が70個程度

 

くっついてできているペプチドという物質です。

 

 

体中で作られ細胞が生きたり若返ったり、分裂したりするのを

 

促進する働きがあり、人間の成長とアンチエイジングに欠かせません。

 

 

 

人間が最も成長する思春期になると、脳下垂体から

 

成長ホルモンの分泌が多くなってきます。

 

 

成長ホルモンは骨や筋肉を作ったり癒したり、また、脳の海馬という

 

神経組織を成長させます。

 

 

 

思春期において現れる成長ホルモンの影響の多くは、

 

成長ホルモンによって増えたIGF-1の働きによるものです。

 

 

しかし、成長と共に成長ホルモンも減少するので、IGF-1も減り、

 

上記のアンチエイジング効果や健康効果が低下していきます。

 

 

つまり老化の原因の一つがIGF-1の減少とも言えます。

 

逆に言うとIGF-1を増やすことが出来れば老化防止をし健康が

 

維持できることになりますよね?

 

 

 

 

それでは具体的にIGF-1が体にとってどんな働きをしているのかみていきましょう。

 

 

下記の効果はIGF-1が増えない病気の患者の、足りない体の機能

 

列挙したものです。

 

このことからIGF-1が普段体にどのように作用しているかが分かります。

 

 

 

 

・骨と筋肉を作り丈夫にする

 

 

・歯の成長を促し歯の健康を維持する

 

 

・心臓機能の維持

 

 

・神経系の成長と学習機能の向上

 

 

・糖代謝の改善と糖尿病予防の改善

 

 

・がんや感染症などの免疫力向上

 

 

・肥満抑制効果

 

 

・良質な睡眠作用

 

 

・うつ病抑制

 

 

そして最後に、

 

・肌の老化防止や爪と毛髪の成長を促す

 

 

IGF-1は毛髪の成長を助けるだけでなく、肌や爪などの組織を

 

生成するのに不可欠な役割を担っています。

 

 

頭部においてIGF-1は、毛髪を作る毛母細胞に

 

栄養を与える毛乳頭細胞で作られます。

 

毛母細胞は受容体でIGF-1を受け取りそれによって育毛を促進します。

 

 

 

 

髪の毛がはえてから抜けるまでのサイクルは3〜6年です。

 

髪の毛の成長期が2〜6年、成長が止まる退行期は2〜3週間程度、

 

毛乳頭が毛根と離れる休止期が約100日です。

 

 

 

休止期から成長期にかけて新しい髪の毛が生えてきて

 

古い髪の毛が抜け落ちていきます。

 

 

薄毛の人がかかえる脱毛症は成長期が短くなり、退行期と休止期が

 

長くなっているため髪の毛が抜けることが多く、なかなか生えてこない状態です。

 

 

IGF-1は毛母細胞に働きかけて、成長期を長くして、退行期と休止期を短くする

 

ことで育毛をします。

 

 

さらにたんぱく質を増加させ、髪の毛の質を向上させます。

 

また頭皮の炎症を防ぐことから、総合的に育毛にとって

 

効果的な働きをしてくれることになります。