ダイエットで薄毛にならないための栄養

ダイエットで薄毛にならないための3つの栄養とは!?

 

まず、バランスのいい栄養とは?

 

 

ダイエットで言うと、糖質・脂質を適度に抑え、

 

たんぱく質、ビタミン、ミネラルは減らさないでことです。

 

 

 

この五大栄養素以外にも食物繊維など、

 

欠かすことのできない栄養素は他にもあります。

 

 

 

 

結局健康的に、体に反動がでないようにダイエットするとなると、

 

以前より食べるものに気を配って、たんぱく質などは

 

意識して摂らないと不足してしまうわけです。

 

 

 

 

薄毛にならないために、髪の成長に必要な栄養素

 

ダイエットで不足しがちな栄養の筆頭がたんぱく質で、

 

その他毎日しっかり摂るのが難しいのが、ビタミンとミネラルです。

 

 

 

 

そして、髪の成長に特に大事な栄養がその

 

たんぱく質、ビタミン、亜鉛(ミネラル)なのです!!

 

 

 

 

たんぱく質は髪を作る材料

 

 

たんぱく質は、体の組織を作る栄養素でおなじみです。

 

毛髪も例外ではなく、たんぱく質を材料にして生成されます。

 

 

 

 

しかし、たんぱく質はいろんな体の器官を作っているので、

 

不足すると毛髪への供給は、生命維持にあまり関わらないから

 

真っ先にカットされる対象になります。

 

 

 

 

たんぱく質は、動物性のものは肉・魚・卵などに含まれていて、

 

植物性のものは豆腐や納豆などに含まれています。

 

 

動物性のものはあまり摂りすぎると、脂質が多い場合があるので、

 

肥満になってしまうと血流が悪くなりますので、偏食はやめましょう。

 

 

かと言って植物性たんぱく質だけでもダメで、両方を適度に摂ることが大事です。

 

 

 

 

ビタミンは髪の毛のターンオーターを促進する働きをする

 

ビタミンB2ビタミンB6は細胞の代謝を促す効果があり、

 

毛母細胞の代謝も促進するようになります。

 

 

さらに皮脂の量を調整する働きがあり、

 

頭皮を守るため皮脂を分泌するためサポートします。

 

 

 

ビタミンを摂取するなら、代表的なのが緑黄色野菜です。

 

 

ビタミンB群以外も髪にいい影響はあり、カロリーも低く

 

食物繊維も多いので、ダイエット中は積極的に摂って

 

いきたい栄養です。

 

 

 

 

亜鉛は髪の毛の生成にも、代謝にも必用な栄養

 

ケラチンと呼ばれる、髪の毛を構成するたんぱく質を

 

合成するのに亜鉛が必要になってきます。

 

亜鉛が足りないと、ケラチンが適切に合成されず髪が上手く成長しません。

 

 

また、亜鉛は頭皮の新陳代謝に必用な、ビタミンAの働きを促進します。

 

髪の毛を支える頭皮の新陳代謝が滞れば、頭皮の環境が悪化して

 

脱毛の恐れにもなります。

 

 

 

亜鉛を多く含む食材は、

 

牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズ、レバー、、、などなどです。

 

 

 

 

体内で作り出すことができない成分なので、ダイエットの際は

 

食事も減りがちなので、意識して取り入れていきましょう。

 

 

 

 

以上のたんぱく質、ビタミン、亜鉛が特に髪にとって大切な

 

栄養素なので、これらを中心に食事の献立を考えてダイエットすれば

 

薄毛の心配はとりあえず少なくなります。