癒しの力を高めて髪の毛が増える!?

癒しの力を高めて髪の毛が増える!?

 

人間は自ら病気や傷を治す力を持っています。

 

 

同じようなダメージを体に負っても早く治る人と

 

治るのが遅い人がいて、「治癒力」には個人差があります。

 

 

薄毛を改善するのを治癒力だとすると、これを高めることで

 

育毛につながるんではないんでしょうか?

 

 

 

血流を良くし育毛物質であるIGF-1は、成長を促し健康を維持して

 

病気を治す働きがあります。

 

そう、治癒の力を備えているのです。

 

 

このIGF-1は知覚神経を刺激することにで産生します。

 

知覚神経は食材で刺激することもできますが、傷を負った時の痛みや

 

細菌に感染した時の発熱といったような刺激です。

 

 

このような時にIGF-1が増えてケガや病気を癒すように働いてくれます。

 

 

もし円形脱毛症が起きた時、頭がかゆくなる人がいます。

 

体が知覚神経の刺激の感度を上げて、IGF-1を増やそうとしているんです。

 

IGF-1が増えれば癒し作用で脱毛を止めて、育毛の効果で

 

症状を治そうとする働きです。

 

 

しかし、それにも関わらず脱毛の症状が進行していくことがあります。

 

それは、男性の場合はジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛物質が

 

悪さしているからです。

 

 

DHTの脱毛作用は強力なので、脱毛を改善するには

 

DHTの発現をなるべく抑えて知覚神経を刺激してIGF-1を

 

できるだけ増やして対抗する必要があります。

 

 

 

 

男性型脱毛症を治療しよう

 

男性型脱毛症の原因のジヒドロテストステロン(DHT)

 

遺伝的なもので不摂生をしていない人にも脱毛症の可能性はあります。

 

 

逆にDHTの遺伝が強くない人でも、生活習慣や加齢が原因で

 

男性型脱毛症になってもおかしくありません。

 

 

IGF-1は育毛物質で髪の毛の成長を促進させます。

 

一方でDHTは知覚神経の機能を低下させてIGF-1を減らす

 

ことで脱毛を促進させます。

 

 

 

そこで積極的に知覚神経に刺激を与えIGF-1を

 

いっぱい増やすことが大事になってきます。

 

その重役を担っているのがカプサイシンとイソフラボンです。

 

 

カプサイシンとイソフラボンの働きはこちら

 

 

この二つの成分を摂ると、効果的に知覚神経が刺激されて

 

IGF-1が増加するわけなんです。

 

 

増えてくれたIGF-1はDHTの脱毛効果に対抗してくれることもあり、

 

育毛効果とあいまって男性型脱毛症の改善に大きく貢献してくれます。

 

 

 

さらに育毛サロンなどではフィナステリドという成分が使われていて、

 

これはDHTの生成を抑える働きがあり、カプサイシンとイソフラボンと

 

併用して治療をすることで効果を相乗的に上げることができるんです。